しってる?保険の種類

様々な形の保険について

未分類


車の乗り換え手続き

2014年8月21日 - 15:03 | 投稿者 バナナ

車の乗り換え手続きには、これらに関する手続きも必要になります。保険の見積もりには、通常は車検証が必要です。もし手元に無い場合には、現在加入している会社の証券を用意をするか販売店などに必要な項目について確認を行います。
これで、現在契約しているものの満期日が確認できます。契約が途切れない様に行う事が大切です。ノンフリート等級や事故係数期間が必要な項目です。
その他に見積もりに必要な内容として、型式や初度登録年月もしくは検査年月があります。これらは売買契約書に記載されています。もし無い場合には、販売店に問い合わせをしておきます。
この他に、他の会社から変更をする場合には契約している証券番号が重要です。証券番号が確認できる書類を準備するか事前に問い合わせをしておきます。
この他に、見積もりには登録番号等が必要になります。これも販売店に確認をしておく事が大切です。これらの番号が不明だと、見積もりが出来ない場合があります。
この他に、運転免許書も必要です。理由としては、免許を取得した日付や運転歴が必要な場合があるからです。
更新のお知らせが届いたら、これらの必要な書類を用意をします。現在契約中の内容と比較をする為に、複数の会社に見積もりを依頼すると良いです。

カテゴリー 未分類 | 車の乗り換え手続き はコメントを受け付けていません。

契約内容変更時の必要書類

2014年8月21日 - 15:03 | 投稿者 バナナ

自動車保険の契約内容を変更する場合や見積もりを行う際には、いくつかの必要書類があります。まず保険証券を準備し、現在契約している自動車保険の証券番号を確認します。手元にない場合は保険会社に確認する必要があります。
次に車検証ですが、これは型式と初度登録年月、車台番号と登録番号の確認のために必要なので、車検証が手元にない場合はこれらを販売店などに確認しなければなりません。見積もりの場合は確認するだけで大丈夫ですが、契約の内容を変える場合だと車検証のコピーが必要になる場合があります。
また、自動車保険の加入や契約の変更共に車検証の名義も重要なポイントです。基本的に車検証の名義と自動車保険の名義は同じ方になりますが、親名義の車で自動車保険は子供名義に、といったことも可能です。ただし、こういった方法は同居の親族に限られます。
車をローンで購入した場合は、ローンが終わるまで車の名義がディーラーになる事がありますが、この場合も自動車保険の名義は車の所有者に出来ます。実質的な所有者が誰であるか、というのが重要であり名義は必ずしも本人である必要はありません。誰が車を運転し、加入する自動車保険がその方の条件を満たしているのかという部分に注意しなければなりません。

カテゴリー 未分類 | 契約内容変更時の必要書類 はコメントを受け付けていません。

同居の家族が車を購入と等級について

2014年8月21日 - 15:02 | 投稿者 バナナ

保険は基本的に、加入した人全てのリスクを同じにすることが条件です。生命保険では告知をすることでリスクを平等にし、一部の加入者が得をして多くの加入者が不利益を被ることがないようにしています。
自動車保険も同じ考えに基づいていますが、車種も違うし乗る人も違います。運転する人の事故率もバラバラなので、なかなか平等にはなりません。そこで保険会社はリスクを同じにするために一定の条件を作っています。
最も代表的なのが等級制度です。これは事故を実際に起こしている指標のようなもので1から20まで級があり、1年間無事故であれば1つ上がり、事故を起こせば3つ下がります。つまり級が大きければ大きいほど事故率が低く、それに伴って保険料も安くなる仕組みです。
これは同居の家族には引継ぎ可能です。例えば親が20級であれば、子供が新しく車を購入したときにも、20級で保険に加入できます。ただし年齢区分は運転者にあった区分にする必要があります。
手続きは車両入替と記名被保険者の変更になります。等級を引き継ぎたい旨を保険会社の担当者に連絡すれば、必要な書類を指示してくれます。基本的には車検証が必要ですが、まだできていない場合には車種と型式、初度登録が判れば見積もり可能です。

カテゴリー 未分類 | 同居の家族が車を購入と等級について はコメントを受け付けていません。

個人間での車の購入の注意点

2014年8月21日 - 15:02 | 投稿者 バナナ

自動車保険の保険期間中は様々な状況の変化があります。そのため、新車を購入した場合や家族や他人から譲り受けた場合など、車の乗り換えと保険の関係を理解する必要があります。
個人間での車を売買や譲り受ける場合は通常の乗り換えとほとんど変わりません。一つ注意点を挙げれば、納車される段階で車検証の名義変更が完了していて、名義が自分に変わっている必要があります。保険会社は名義が変わって初めて納車と見なすため、名義が変更されていないままでは補償を受けられない可能性があります。
自動車保険の見積もりには車検証と免許証、現在加入している自動車保険があるならその保険証が必要になります。では、保険証や車検証が手元にない場合はどうすればいいのかと言うと、それに代わる書類を用意するか、契約中の保険会社や販売店などに必要事項を確認しなければなりません。
見積もりをする際、車検証から確認する内容は型式と初度登録年月です。書類が用意出来ない場合は販売店などに確認する必要があります。
申し込みを行う際には車台番号と登録番号が必要になるので、こちらも販売店などに確認しなければなりません。見積もりは確認するだけで問題ありませんが、申し込みには車検証のコピーの送付が必要な場合があります。

カテゴリー 未分類 | 個人間での車の購入の注意点 はコメントを受け付けていません。

車検証が手元にない場合

2014年8月21日 - 15:01 | 投稿者 バナナ

新車で車検証が手元にない場合に、どのようにして自動車保険の新規契約を行うのか知っておくと便利です。納車待ちの間に、保険の加入を考える必要があるからです。デイーラーや自動車ローンを利用した信販会社などからの書類が何か無いか確認をします。コピーや注文書もしくはカタログなどを用意しておきます。
もしこれらの書類がない場合には、ディーラーに必要な情報を確認すると良いです。見積もりに必要な情報には、交付年月日があります。その他に、型式や番号があります。定員や最大搭載量そして排気量も必要な情報です。サイズも必要な項目になります。長さや幅そして高さも確認が必要です。
これらの情報は、保険料の決定に必要な情報になります。その為に、見積もりには欠かせません。運転免許書の情報も大切です。生年月日や免許取得日そして有効期限の帯の色も見積もりには必要です。会社によっては、ゴールド免許の運転手だと保険料が優遇される場合があります。
もし以前に加入をしていた保険の中断証明書があれば必要です。新たに加入する保険に、以前の等級が引き継がれる可能性があります。ただし、中断証明書の利用には条件があるので確認が必要です。
保険の見積もりは、複数の会社に依頼をします。

カテゴリー 未分類 | 車検証が手元にない場合 はコメントを受け付けていません。

自動車保険の見積もり時における必要書類

2014年8月21日 - 15:01 | 投稿者 バナナ

自動車保険はまずは見積もりをしてもらい、そのときの保険料と内容に納得できたら契約をします。このときに必要な書類は、継続か新規かで違います。
継続して同じ保険に加入するときには、現在加入している保険の保険証書のみで更新できます。もし車や運転者、契約者などが変わる場合は車検証や免許証が必要になります。満期日が来ると同じ内容で契約してしまいがちですが、運転者の年齢区分や限定条件などを変えられないか確認し、保険料を抑えられる部分があればそれを適用した方がお得です。
もし新規で契約をするのなら、車検証と運転免許証が必要です。車検証ではナンバーや車種などを証明し、免許証では免許の取得日や免許証の色を確認します。もし他社に等級を引き継いで乗り換えを行うのであれば、これに加えて旧契約の保険証券が必要です。
車検証は契約時だけでなく、車両の入れ替え時や転居時、名義変更のときにも必要です。ただし車検証がなくても車種や型式、初度登録が判っていれば見積もりできるので、車の情報が判るカタログさえあれば見積もりは可能です。基本的には保険証券と保険証、免許証の3つがあれば手続きは出来ますが、保険会社や手続きの内容によって必要書類が違うこともあるので、担当者の指示に従って準備します。

カテゴリー 未分類 | 自動車保険の見積もり時における必要書類 はコメントを受け付けていません。

対面式かコストか

2014年8月21日 - 15:01 | 投稿者 バナナ

現在は保険会社の数も多くなり、様々なスタイルで会社を運営しています。以前は担当者と会って、その担当者と話し合いながら保険の内容を決めるものが主流でしたが、現在ではインターネットを使って顔を合わせずに加入できる保険も増えています。何を重視するかは人によって違うため、自動車保険に何を求めているのかがカギになります。
対面式で加入するタイプの保険会社では、必ず担当者に会ってから話をするため、担当者がどんな人かが判ります。定期的に様子見に訪問してくれる保険会社も多く、担当者と親密になれて、いざというときにも頼みやすいという利点があります。また事故に遭ったときの示談対応やロードサービスも全てその担当者が行うため、信頼性が高く安心感があります。
信頼性においてはインターネット系の保険会社は分がありませんが、とにかくコストを削減できるのが魅力です。インターネットを介し、申込にかかる人件費などを徹底して削減することで、充実した補償内容の保険に格安で加入できます。割引サービスも充実したものが多く、組み合わせることでさらに保険料を安くできます。
信頼性を取るなら対面で行う保険、とにかく安い方がいいのならインターネット系が最適です。これらの中でも割引サービスや内容が違っているので、まずは比較が大切です。

カテゴリー 未分類 | 対面式かコストか はコメントを受け付けていません。

ダイレクト型・代理店型のメリット・デメリット

2014年8月21日 - 15:00 | 投稿者 バナナ

自動車保険には大きく分けて2つの種類があります。
まずはダイレクト型自動車保険です。インタ-ネットや電話などで契約者が保険会社と直接に契約を結ぶ事が出来る自動車保険で、通販型とも呼ばれています。その利点(メリット)はインターネットで申し込むと割引があったりして、一般的には代理店型よりも保険料が安くて済む事です。相談や見積もりも電話やメールでのやり取りが主流となるので自分なりに情報収集する事が出来るので納得がいくまで比較検討する事が出来ます。更に申し込みの手続きに店舗に出向く必要がないと言う事です。郵送やインターネットで申し込みの手続きが完了します。忙しい人には店舗に出向く手間が省けて空いている時間で申し込みが簡単に出来てしまいます。デメリットは直接担当者の顔を見る事がなく声や文字だけでの契約になってしまう事です。
直接に店舗に出向いて申し込みをする自動車保険が代理型です。その利点は自動車保険以外も扱っている場合が多いので保険全般をまとめて契約できる事です。更にプロのアドバイスを受けながら検討する事が出来て、担当者は手続きの代行をしてくれるから面倒な手間を省く事が出来ます。デメリットは店舗に行かなければならない事と保険料が多少高く付く事です。

カテゴリー 未分類 | ダイレクト型・代理店型のメリット・デメリット はコメントを受け付けていません。

代理店型保険利用の流れ

2014年8月21日 - 14:59 | 投稿者 バナナ

生命保険会社や自動車販売店を通して申し込む代理店型の自動車保険は、まず見積もりを提案され、その後に申し込みを行います。基本的には担当者が内容を決めてそれを受け取り、内容について検討して決めるというスタンスです。担当者がその場にいればその場で相談しながら決めることもできますが、保険のプロでない代理店の場合は、担当者が保険に詳しくない可能性もあるので注意が必要です。
自動車を購入したら加入する保険の目星をつけて、保険会社の担当者に加入の旨を伝えます。乗り換えのときには、等級を引き継ぐことも忘れずに伝える必要があります。ディーラーが代理店を行っているときは、車の購入費用の中にすでに保険料が含まれていることもあります。
その後は担当者と相談しながら、補償の内容を決めていきます。運転者を限定するなど保険料を抑える割引を使って、内容も保険料も納得がいったら必要書類を揃えます。契約が完了すれば、前契約の満期が来たときに新しい契約に切り替わり、契約は完了です。
代理店タイプは多少お金がかかっても信頼できる人を保険の担当者にしたい人に適しています。生命保険会社が代理店になっていることもあり、場合によっては生命保険の担当者と同じ人を担当にすることも可能です。

カテゴリー 未分類 | 代理店型保険利用の流れ はコメントを受け付けていません。